三渓洞

 
作品紹介

工芸

藤本能道 赤絵面取り花壺

fujimotonodo01.jpg

 

                    φ23.2×h24.7cm

1919(大正8)年東京生まれ。1931(昭和6)年に東京美術学校工芸科図案部卒業後、文部省工芸技術講習所に入り、加藤土師萌について陶芸を学ぶ。1938年には同じ芸大図案科卒富本憲吉の助手となり九谷の色絵技法を修得する。1938年第31回光風会展で光風工芸賞受賞。46年には日展、国展に初入選する。56年日本陶磁協会賞受賞、65年ジュネーブ国際陶芸展で「赤絵大壷」が銀賞を受賞。66年日本工芸会正会員となる。1963年には青梅に築窯する。色絵磁器に独自の技法を生み出し、色絵磁器で1986年に人間国宝となる。卓越した描写力による花鳥をモチーフとした色絵磁器が高く評価される。1970年には東京芸術大学教授に就任、8590年は東京芸術大学学長を務める。1992(平成473歳で歿。

 

本作品は作家が東京芸大で教鞭をとっていた昭和40年代に制作された赤絵の作品群の一つである。李朝の白磁を思わせる器形に勢いのある筆致で草花と蝶が描かれている。後年評価される精妙な絵付けの色絵磁器とは作風が異なるが素朴な中に赤と緑の草花が洒脱な魅力を持つ作品である。赤絵の作品には茶碗、花瓶、壷などがあるが上がりのよい壷はそれほど多くはない。